ゲレンデでデジカメをフル活用するコツを紹介するサイト

>

活き活きしたウィンタースポーツ写真を撮るコツ

連写で決定的瞬間をとらえる

せっかく写真に収めるなら、格好いい写真を撮りたいものですよね。
たとえば、スキーやスノーボードの疾走感、躍動感が十分に伝わる写真を撮影できたらそれはとても素晴らしいことです。
そのためのひとつの手段は、連写機能を使用することです。
たった一度のシャッターチャンスを一発でとらえるのは難しいことですが、連写してしまえば、何枚もの写真のうちに決定的瞬間をとらえているものがあるかもしれません。
連写速度の速いカメラを使用すると、その分成功確率は高くなりますから、連写性能をカメラを選ぶ基準に入れるのもよいでしょう。
ただし、何枚も撮影することになりますから、データの容量には注意しましょう。
気が付かないうちにデータ容量がなくなった、なんてことがないように、よく写真を整理することが大切です。

シャッタースピードを変える

上級ののテクニックですが、シャッタースピードを操作すると、なかなか興味深い効果を得ることができます。
シャッタースピードを速くしてジャンプしている人を撮影すれば、あたかも空中で止まっているかのような写真を撮ることができます。
反対に、シャッタースピードを遅くして滑走している人を撮れば、残像が写るので疾走感のある写真になります。
ただし、白い背景だと残像が写りにくいので、なんらかの工夫が必要です。
たとえば、建物や木々を背景にするなどです。
また、あまりに明るいと「白とび」してしまうので、明るすぎるところでシャッタースピードを遅くして撮影したいときは、NDフィルターを装着するなどして明度を下げる対策をして撮るとよいでしょう。


この記事をシェアする