ゲレンデでデジカメをフル活用するコツを紹介するサイト

>

明るすぎに対処する

人の顔を明るく写す

ゲレンデで写真を撮るときによく問題になるのは、人の顔が暗く映ってしまうことです。
特に晴れている日にはこの問題は顕著になります。
どうしてこうなってしまうのでしょうか。
それは、雪が太陽の光を反射してしまうからです。
その反射光のせいで、逆光の状態になってしまうのです。

デジカメの機能で逆光補正をかけると、この問題を解決できます。
フラッシュを強制的に作動させることも有効な場合があります。
また、機種によっては、ウィンタースポーツに最適化されたモードを搭載しているカメラもあります。
ゲレンデでの撮影を主な目的としてデジタルカメラの購入を考えている方は、そうしたカメラを購入するのも有力な選択肢だと言えるでしょう。

銀世界を写真に収める

白くて美しい雪景色を撮影したいのに、いざ撮ってみると灰色に映ってしまう場合があります。
これは、デジタルカメラが自動的に露光を絞ってしまうために起こります。
露光補正、あるいは明るさ補正をプラスの値に設定して撮影すると、理想通りの美しい銀世界が撮影できます。
また、前述のモード設定はここでも有効です。

逆に、明るすぎて、風景の写真が部分的に真っ白になってしまうことがあります。
これは「白とび」と呼ばれます。
こうしたケースには、「NDフィルター」と呼ばれるフィルターが役に立ちます。
これはレンズに装着するもので、可視光をまんべんなくある程度吸収する働きがあります。
これを装着すると、明度が低下するので、明るすぎて「白とび」することを防ぐことができます。


この記事をシェアする