ゲレンデでデジカメをフル活用するコツを紹介するサイト

>

ウィンタースポーツをデジカメで撮るコツ

水にご注意!

ウィンタースポーツでデジカメを使用する場合、デジカメには防水機能がついているほうがいいでしょう。
雪がかかったり、急に暖かいところに入ったときに結露したりするからです。
通常のカメラでも撮影可能ですが、水の侵入によって故障する危険があります。
デジカメはパソコンなどと同じ電子機械であることにしっかりと注意して、防水の必要性を認識することが重要です。

カメラの電子機器部分だけでなく、レンズも防水であることが望ましいといえます。
最初から防水機能が付いたレンズを使用するか、専用のフィルムなどで保護しましょう。

また、防水とはいえ、むやみに水にさらすのは、やはりカメラにとって良くありません。
雪をかぶせないようにするのはもちろん、休憩中の結露にも注意しましょう。

寒さはバッテリーの敵

寒さにも備える必要があります。
寒さの中では、電子部品が正常に動作しない場合があります。
とくに多くの場合で問題になるのが、バッテリーです。
気温が0度近い状況では、バッテリーが機能しなくなることがあります。
こうなってしまうと、カメラの電源が入らず、全く撮影ができません。
首から下げて外気にさらしていると、こうした寒さによるトラブルが起きやすくなります。
ですから、ウェアの中に入れておくなど、カメラの温度を下げすぎない工夫が必要だと言えるでしょう。

また、全く機能しないわけではなくても、バッテリーの充電の減りが速くなるケースも多いです。
多めにバッテリーを持っていくなどして、想定外の充電の減少に備えましょう。


この記事をシェアする